40歳を過ぎた私は会社の健康診断でメタボに引っかかりました。

突然ですが、あなたは本当にメタボの事を知っていますか?

メタボは肥満とは違うことをご存知でしょうか?

この事実を知らない限り、メタボになる可能性は格段に高いと思います。

なぜならば、私はメタボリック症候群がどんなものなのか、本当は知らなかったからです。

メタボリック症候群と肥満の違いは?

メタボリック症候群と肥満の違いをわかっているようで知らない人も多いと思います。

そこで、簡単にメタボと肥満の違いを述べると、

肥満はBMIで表される肥満度の数値です。健康診断でも表記されているあれです。

メタボリック症候群はまずはお腹の腹囲を測り、男性なら85cm・女性なら90cm以上で、血液中の中性脂肪や空腹時の血糖値、もしくは血圧が高いの3つの項目の打ち2つ以上が当てはまるとメタボリック症候群と判断されます。

ややこしいですけど、メタボリック症候群になると、動脈硬化や高脂血症や高血圧など普段の生活では気づきにくいですが、着実に進行しているとても怖い症状です。

 

メタボにならないためには、どうすれば?

メタボにならない為にはとにかく、生活習慣と肥満に注意しながら生活するしかないです。

メタボと肥満って、そもそも違うんじゃないの?と思うかもしれませんが、

私の中では肥満の最上位がメタボになると考えています。

意味合い的には違うんでしょうけど、メタボの人は、ほぼ肥満体質だからです。

なので、肥満を改善してあげるだけでメタボになりにくい体になると考えています。

 

メタボ・肥満を改善するのは?

メタボ、肥満を改善するには、2つの方法しかありません。

  • 食事制限をして一日のカロリー摂取を下げる
  • 運動してカロリー消費を上げる

メタボで悩んでいるあなたならばご存知だと思いますが、

シンプルにこの2つの方法しか体重を減らす=肥満を改善=メタボ対策に効果がある方法はありません。

しかし、世の中にはダイエットやメタボで悩んでいる人がたくさんいますが、どうしてでしょうか?

私も今までは、ダイエットや肥満を改善しようと頭では考えていましたが、、

いざ行動するとなると、まったく行動できない、継続しない方が多いですよね。

 

少しの行動で効果的なエクササイズを実践しよう

 

私みたいに、継続的にできない人って多いと思うんですが、

そんな人にはできるだけ早く効果が現れること、実感できる事を優先した方がいいと思います。

すぐに効果が現れるのは、やはり上記でも述べた、

  • カロリー摂取を抑える
  • カロリー消費を高める

この2つを同時進行することが一番手っ取り早いですけど、

結構つらいです。

酒もカロリー高いし、食べるのを抑えろ。と言われても、私はなかなかできなかったんですよね。

なので、カロリー消費を高める方法を重視してやることにしました。

カロリー消費を高める方法って?

カロリー消費を高める方法はいろいろあるんですけど、

凄くシンプルに筋肉をつける、増加する事が最大限にカロリー消費を高めてくれます。

ですので、筋肉をつける事だけを考えれば良いんですよね。

ジムに行くなり、ジョギング、散歩などできる運動から始めるのが理想だと思います。

いきなりやっても、筋肉痛で身体が動かなくなれば本末転倒ですし、

自分にあった運動、筋トレ方法を探してみて下さい。

ネットにはいろんな筋トレ方法などがありますし、どれが正解かは個人差があると思います。

ちなみに私は筋トレ方法は、風呂前に

  • 腕立て伏せ
  • スクワット
  • 腹筋・背筋

をやるだけです。

月曜日が腕立て伏せならば、火曜日はスクワット、水曜は腹筋背筋をすると言った感じです。

更に始めた当初は、10回からスタートですW

筋トレする気あるのか!と思いますが、正直、10回しかできませんでした。

恥ずかしながら、肥満だった私はまったく体を動かすことができずに、

正直筋トレも一週間くらい続けて、「来週からはもういいや。」と思っていました。

ですが、毎日筋トレをする事で筋肉に刺激を与えることで、身体を動かしたくなる気持ちになります。

不思議なもんです。

そうなると筋トレの準備段階はクリアしたと考えます。

毎日、同じ事するのが苦手な人は違う筋トレメニューや、筋トレをしない日、週はカロリー消費を抑えるようにすればいいんです。

ダイエットや筋トレの本には、「これをやりなさい。この方法なら完璧、。」とか一つの方法に固執する文言になりがちですが、まったく運動しなかった私からすれば、同じ方法を継続することってすごく辛いんですよね。

ですので、そこまで肩肘張らずに、とにかく体を動かす。カロリーを抑える意識を持つ事だけを頭に入れるだけでいいと思います。

そうすることで、行動も変わってきますから。

 

筋トレだけじゃ効果が現れるの遅くない?

私も、筋トレを1ヶ月やってみて感じました。

「筋肉って限界突破しないと大きくならないから、同じ負荷の筋トレしていても意味ないじゃん?」と疑問に思いました。

確かにそうです。

筋トレは負荷を上げないと筋肉は大きくならないんですよ。

ですので、上記の筋トレ、

  • 腕立て伏せ
  • スクワット
  • 腹筋・背筋

の回数を少しづつ増やしていったのですが、30回のノルマに設定したあたりから、やり方を変えました。

正直、回数増やすと、めんどくさくて筋トレが嫌になってきたんですよ。

ですので、バーベルなどの重りを使った筋トレにすることにしました。

そうして負荷を上げてあげると、少ない回数で筋トレができるので、

めんどくさがりな私でも、続けることができます。

今では、家での筋トレでは効果が薄くなってきたので、週1でジムに通い始めています。

筋トレを続けても時間かかるよね?

確かにそうです。

筋肉の増加を目的とした筋トレでは効果を感じるのに最低三ヶ月はかかると言われています。

そしては、私もそう感じています。

筋肉を増加させるには最短でも3ヶ月は見越しておく必要があります。

しかし、この筋トレ方法が私は一番、肥満やメタボ改善の近道だと思います。

そのためにも筋トレは最強ダイエットだとおもいますが、どうしても効果を

早く感じたいし、肥満やメタボが改善されているか気になりますよね。

 

筋トレする時はプロテインを飲むと良い

筋トレ時によくプロテインを飲む人が言いますが、あれは筋トレを効率よく筋肉を増やすための栄養補助食品です。

プロテインを飲む事によって効率的に筋肉を増やす事ができますが、

プロテインよりも更に良いHMBを知っていますか?

HMBは筋肉増加にプロテインよりも効果的だと今話題の栄養素として扱われいます。

私の時代はプロテインを飲むと筋肉がつくぞーとか、筋肉を大きくしたかったら肉を食えとか言われていた時代ですか、HMBってなんですか?って感じでしたが、今ではすごく気に入っています。

 

効率よく筋肉を増加するには筋トレ+健康食品HMBの摂取が一番効果的だと思います。

私が愛用しているのは

 

効率よく筋肉をつけることによって、カロリー消費を高め、身体の脂肪が燃焼されやすい身体に生まれ変わるといった流れが肥満・メタボ対策の私の方法です。

 

是非、肥満やメタボで悩んでいる方はトライしてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

Copyright© メタボオヤジの40歳からのエクササイズ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.